luvid blog Recycling
luvid[ルヴィッド]とは"love"のスラングである"luv"と、"idea"の頭文字"id"をたしてHが作った造語です。
直訳すると「愛のある考え!」ってな感じになります。人や自然に優しく・・・LOVE & SUPER PEACE!
--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


スポンサー広告 | PAGETOP
2012.04.10
The Artist
こんにちは!luvidのHです^^


The Artist(アーティスト)騙されたと思って、ぜひ観て頂けませんか?
そのくらい素晴らしい映画でしたよ!





映画を観る前は、この時代に白黒の無声映画?カッコつけ過ぎでしょ!ってな感じで思っていたのですが、実際はとても色鮮やかでキラキラとした白黒&無声だからこその less is more!な『映画』でありました^^






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


スポンサーサイト
movie | PAGETOP
2010.09.30
REDLINE
お久しぶりです!luvidのHです^^


本日は、10月9日公開予定の映画『REDLINE』をご紹介します!

<内容> 主人公はシャイで純情な男JP、初恋の女性ソノシーを振り向かせるため、軍事国家「ロボワールド」で開催される何でもありのカー・レース「REDLINE」に出場する。幼なじみの天才メカニック、フリスビーがカスタムした最強の車でレースに参加するが、その車には八百長のためのワナが仕掛けられていた…





内容はともかく、腕利きのアニメーターたちが7年の歳月をかけ、10万枚の作画をすべて手描きで仕上げた本作は、キャラクター、背景、エフェクトが目まぐるしく動き「手描きでしか表現できない誤差と歪み」を生みだしています。
こってりとしたアメコミの色使いなんかは好き嫌いあると思いますが、CGでは表現出来ない新感覚の体感型アニメーションは一見の価値アリではないでしょうか^^



Developing new ideas based on study of the past.






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


movie | PAGETOP
2009.03.25
つみきのいえ
こんにちは!luvidのHです^^


ノスタルジア (英 nostalgia) ・ノスタルジー (仏 nostalgie)

概要 = 人が現在いるところから、時間的に遡って過去の特定の時期、あるいは空間的に離れた場所を想像し、その特定の時間や空間を対象として、「懐かしい」という感情で価値づけることをいう。(by Wikipedia)





Excellent!
絵もキレイだし…地球環境へのメッセージみたいなものも感じました。
温かくて、ホント素晴らしい作品だと思います^^



Congratulations!KUNIO KATO






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


movie | PAGETOP
2009.01.30
The Wrestler
こんにちは!luvidのHです^^


みなさん!Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を覚えていらっしゃいますか?

80年代のセックスシンボルと賞され『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』『ナインハーフ』『エンゼル・ハート』等、数々のヒット作品に主演し世界中の女性を魅了した…あのミッキー・ロークでございます!
90年代に入ってからは…暴力事件を起こしたり、プロボクシングへの挑戦(猫パンチ?)に失敗し、幾度かの整形手術や肥満による体型の崩れ etc…でイメージや風貌がすっかり変わってしまい人気も下降線を辿っていたという…あのミッキー・ロークです!
そんなミッキー・ロークが主演し、昨年度ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を見事受賞した作品『The Wrestler(ザ・レスラー)』を、本日はご紹介したいと思います。

【STORY】
ミッキー・ローク扮するランディ・ロビンソン(別名ラム)は80年代に活躍したプロレスラー。髪が白髪混じりになってもレスリングをやめない彼は、ある日心臓発作で倒れてしまう。医師に「もう1度リングに上がったら死ぬ」と宣告されるランディはスーパーマーケットの惣菜売り場で働き始める。彼にはエヴァン・レイチェル・ウッド扮するステファニーがいるが、彼女は自分の事しか考えていない父に嫌悪感を抱いている。マリサ・トメイ扮するランディが好意を抱く子持ちのストリッパー・キャシディ(本名はパム)に助けを求め、娘と再び家族になろうとするが… (↓trailer)





いやぁ~面白そうです!

80年代に一時は栄華を極めたが、今はどさ回りを続ける中年レスラーの哀切な人間ドラマ。
自らの人生を省み、人生とは自分との戦いだと再びリング(=自分が輝ける場所)に立つ!ってな内容は、正にミッキー・ロークそのものであり…めちゃんこハマり役だと思います^^
(経験を積んだ大人の男でしか演じることの出来ないキャラクターを熱演したミッキー・ロークに世界が絶賛!※作品資料より)

日本公開はまだ未定なんですが…公開されたら必ず観に行こうと思います!(6月公開の噂が…)興味のある方は是非Checkしてみて下さいねぇ~



A wise person profits by his mistakes.

P.S エンディング曲「The Wrestler」を渋ぅ~なハスキーボイスで歌っているのは…通称ボス!Bruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)アニキでございます^^(↑trailerに使われている曲)






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


movie | PAGETOP
2008.10.23
Into The Wild
こんにちは!luvidのHです^^


今日は、映画『Into the Wild (イントゥー・ザ・ワイルド)』をご紹介しようと思います。





映画を観たのは少し前になりますが、ホント素晴らしい作品でした。

自分とは何なのか?生きるとは何なのか?幸せとは何なのか?
涙が出るほど雄大で美しい自然を背景に、主人公の若者が自分の中の「真理」を探す旅へ…出会いや別れ、自然の美しさや厳しさに触れながら、その中で若者は何を感じ、何をみつけるのか…笑顔や心の葛藤の先にあるモノのは何なのか?誰もが一度は立ち止まる生きるコトに対する不条理や疑問、そんな重くなりがちなテーマを、名優&名監督のSean Penn(ショーン・ペン)が大自然との対比を交えながら上手に表現している秀作です。

この話、1992年のノンフィクションだというから驚きです。
主人公の旅は、ある意味自分勝手で青臭さすら感じますが…物質社会に疑問を感じ、真の幸福感を求め、何もかもを捨てて荒野へ(Into the Wild)旅立った彼に、何故か憧れにも近い感情を抱くのはボクだけなんでしょうか?

この映画は、ボクにとってホントに大切な作品の一つとなりました。(めちゃんこオススメです!)


P.S この映画、ほぼ上映が終わっているのでレンタルが出たらぜひ観て下さいね!いつもInfoが遅くてスミマセン^^;



Happiness only real when shared.






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


movie | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。