luvid blog Recycling
luvid[ルヴィッド]とは"love"のスラングである"luv"と、"idea"の頭文字"id"をたしてHが作った造語です。
直訳すると「愛のある考え!」ってな感じになります。人や自然に優しく・・・LOVE & SUPER PEACE!
--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


スポンサー広告 | PAGETOP
2011.11.02
コマ送り
こんにちは!luvidのHです^^


スマートフォン(ノキア - N8)で撮影された世界最大のストップモーションアニメ「Gulp」↓





とってもかわいい作品です。やっぱモーションアニメは温かみありますね^^

手掛けたのはストップモーションアニメでは、世界的に有名なイギリスのAardmanです。
船に乗っていた漁師は、てっきり人形を動かしてるんだと思っていたんですが…実は本物の人間が演じてたんです!みなさん、気づいてました?
メイキング映像を観たい方は、PVの最後にでて来るWATCH THE MAKING OF HEREをクルックしてみて下さいね^^

see you …






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


スポンサーサイト
art | PAGETOP
2011.09.09
Evan Hecox
こんにちは!luvidのHです^^


今更かもしれませんが…今日はEvan Hecoxのご紹介です。



↑ 画像クリックでドローイングもCheckできますよ!


Evan Hecoxは、都市環境の本質を捉えた作品を生み出すアーティスト兼デザイナーです。複雑な都市の景観と、普通なら見落としてしまいそうなごくありふれた風景の中に佇む人々に魅了された彼のアートは、その際立った対比と抽象性によって、まるで映画のように都会の一場面を描き出しています。(Arkitipから抜粋してます…)



see you…






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


art | PAGETOP
2008.11.19
BLUE FOREST
こんにちは!luvidのHです^^


今日は、独自の視点で環境と向き合うWater Photographer 杏橋幹彦(Mikihiko Kyoubashi)さんをご紹介しようと思います。

杏橋幹彦さんは、茅ヶ崎の海の近くで生まれ育ち、6歳より山口県小串の無人島で素潜りをはじめます。89年にはオーストラリア・ライフセービング・ブロンズメダルを取得し、その後、カメラを手にあてのない旅へ…オーストラリアに移住後、バリ島に長期滞在し、数年間島々を巡る放浪の旅を繰り返しました。
7年前から、酸素ボンベとストロボを使用する撮影をやめて、フィンだけで波間を泳ぎ(素潜り)撮影するスタイルに傾倒していったようです。結果、その自然のままに撮影するスタイルを続けていくコトを決意し、新たに世界の波を求めて…撮影の旅をスタートさせようとしています。





『人と海との接点を、一人旅のスタイルで伝える』 がコンセプトのようなんですが…そのメッセージが写真からもすんご~く伝わってくると思います!
HPにある写真や映像も素晴らしく、めちゃんこ癒されますよ~
この機会に、一度Checkしてみて下さいね^^



If you want happiness for a lifetime - help the next generation.






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


art | PAGETOP
2008.08.22
芸術は爆発だ 4
こんにちは!luvidのHです^^


今日は、ロンドンを拠点に活動するアーティスト Wolfgang Tillmans(ヴォルフガング・ティルマンス)を、ご紹介しようと思います。

ヴォルフガング・ティルマンスは、1968年ドイツのラムシェイドで生まれ。 80年代後半から90年代に、ロンドンのカルト雑誌“FACE”や“IーD”で作品を発表し注目され始めます。
彼の作品は、身の回りの何気ない人物や洋服、モノや旅先での風景など、普段は見逃しがちな出来事を自然でシンプルに表現するスナップ的なテイストのモノや、セクシュアリティやジェンダーなど一線を越えたモノもあり、被写体の内面にある本質(実体)や欲望、そして喪失感や脆さを表現しています。

そんな彼の作品は、ユース・カルチャーの代弁者として、若い世代を中心に絶大な支持を受けています。


Wolfgang Tillmans


規制の枠組みに縛られず、インディペンデントな存在で、自由な表現のティルマンスの作品は、新しい発見や、楽しみが沢山あるので一度Checkしてみて下さい!
それではみなさん、ARTな週末を see you …



have a good time!!






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


art | PAGETOP
2008.07.25
芸術は爆発だ 3
こんにちは!luvidのHです^^


今日は、NYを拠点に活動する写真家 Ryan Mcginley (ライアン・マッギンレー)を、ご紹介しようと思います。

22歳で写真家デビューした彼は、スケートをルーツに持つ独特な感性の写真で、瞬く間に注目を集めNYのホイットニー美術館で個展を開くまでになりました。
初写真集「Ryan McGinley」はすでに絶版する勢いで…これからのNYを担う若きアーティストの一人として楽しみな写真家でございます^^
※ 最近ではKate MossやMorrisseyを題材にした素晴らしい作品も連発しています。








難しいコトはボクには解りませんが、単純に好きというか…肌に合うんです^^
↑の写真観ていぃなって感じた方は、一度Checkしてみて下さい!
それではみなさん。ARTな週末を see you …



slow life …






↑Blog Ranking に参加しています。
お好きな色を押して頂ければ嬉しいです^^


art | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。